社会福祉法人豊芯会は「ひとりひとりの自己実現」のために、地域社会と共に歩み続けています!

サイトマップ リンク集
ホーム > 豊芯会とは > 豊芯会の歴史

豊芯会の歴史

1978年
(昭和53年)
みのりの家南大塚診療所(現・ホヅミクリニック)穂積登医師が、自己資金で精神障がい者の憩える場として「みのりの家(現・ハートランドみのり)」を開設。
1982年
(昭和57年)
練馬区高松に通所者の一時宿泊と生活訓練のために「若草の家」を開設。
1989年
(平成元年)
豊島区北大塚に精神障害者共同作業所「ふりいぞ~ん(現・ハートランドひだまり)」開設。
1992年
(平成4年)
ハートランドみのりの家、若草の家、ふりいぞ~ん運営委員会を「ハートランド」に変更。
1993年
(平成5年)
ハートランド地域の在宅障がい者を対象に食事サービスを提供する活動を開始。「ハートランド若草」運営開始。グループホームの運営(現・つくしんぼう)、短期宿泊事業、研修事業などを行う。
1995年
(平成7年)
豊芯会ふれあい豊島区生活産業プラザ2階で「喫茶ふれあい」(現・Caféふれあい)を運営開始。社会福祉法人が設立認可され、その名称を社会福祉法人「豊芯会」とする。
1996年
(平成8年)
マイファームみのり授産施設「マイ・ファームみのり(現・ジョブトレーニング事業所)」活動を開始。
1997年
(平成9年)
こかげ東京都よりモデル事業としての指定を受け「地域生活支援センター(現・こかげ)」を開設。
2000年
(平成12年)
東京都知事から「居宅介護支援事業所」の指定を受ける。
2001年
(平成13年)
配食サービス豊島区の委託事業である「ひとり暮らし高齢者配食サービス事業」について、豊島区と契約を締結。地域生活支援センターを窓口として事業を開始する。
2002年
(平成14年)
ホームヘルプサービス事業所「老人居宅介護等事業」が受理され、新規事業「ホームヘルプサービス事業所」の活動を開始。
2006年
(平成18年)
グループホームつくしんぼうと地域生活支援センターこかげが障害者自立支援法の指定障害者福祉サービス事業所の指定を受ける。
2008年
(平成20年)
マイ・ファームみのりが障害者自立支援法に沿って、多機能就労支援事業「豊芯会ジョブトレーニング事業所」へ、ハートランドみのりが「地域活動支援センターⅢ型」へ移行。
2009年
(平成21年)
ホヅミクリニック(旧・南大塚診療所)穂積登医師が退任。後任として小宮(旧姓:上野)容子が理事長に就任。
2012年
(平成24年)
ハートランドひだまりが「地域活動支援センターⅢ型」へ移行。
2013年
(平成25年)
「自立訓練(生活訓練)事業所」を開設。事業所の呼称を「マイファーム」とする。
2015年
(平成27年)
Caféふれあいが生活産業プラザから豊島区新庁舎4階へ移転。
2016年
(平成28年)
マイファームが「生活介護」事業を開始。